高校生のバイトは何時までOK?上手に稼ぐ方法【2024年最新版】

culture

高校生にとって、アルバイトは貴重な収入源であり、社会経験を積み、将来のキャリアに活かせるスキルを身につける場としても重要です。しかし、高校生がアルバイトできる時間には法的制限があります。法律を守って働き、学業と両立するために、時間制限や注意点をしっかりと理解しておきましょう。

バイトできる時間帯は年齢によって制限がある

高校生のバイトは、年齢によって働ける時間帯が異なることをご存知でしょうか?労働基準法には、年齢に応じた労働時間の制限が設けられており、これを守らないと違法になることがあります。ここでは、18歳未満の高校生がバイトできる時間帯について詳しく解説します。

■18歳未満は22時以降は働けない
高校生がアルバイトをする際、年齢によって働ける時間帯に制限があります。労働基準法第61条により、18歳未満の高校生は22時から翌朝5時までの深夜時間帯に働くことができません。これにより、高校生は夜10時までにバイトを終える必要があります。18歳以上になると深夜労働も可能ですが、校則や親の同意が必要な場合があるため、事前に確認することが重要です。

※2022年(令和4年)4月1日より成人年齢が18歳に引き下げられましたが、働ける時間などの条件は変わっていません

■18歳未満でも深夜労働が認められる場合がある
特定の条件を満たす場合、特定の条件を満たす場合、18歳未満でも深夜労働が認められることがあります。例えば、16歳以上のスタッフが昼間勤務と夜間勤務の交代制で働く場合や、交代制勤務の事業所で労働基準監督署の許可を得た場合などです。ただし、高校生の場合、校則や保護者の同意が必要な場合が多いため、事前に確認しておくことが大切です。

シフトの上限は1日8時間、週40時間まで

高校生がバイトをする際には、労働時間の上限も知っておく必要があります。労働基準法には1日や1週間で働ける時間の上限が定められており、これを超えると法律違反になることがあります。ここでは、シフトの上限について詳しく解説します。

■労働時間の上限は労働基準法で定められている

高校生がアルバイトをする際、労働時間の上限は労働基準法で定められています。1日に働ける時間は8時間以内、1週間で働ける時間は40時間以内とされています。18歳未満の高校生は、残業や休日出勤もできないため、バイトの掛け持ちをする際には、全ての労働時間がこの規定内に収まるように調整する必要があります。

■一定の条件を満たせば、例外がある
労働基準法第60条3項では、一定の条件を満たす場合に限り、18歳未満の労働時間の特例が認められています。例えば、1週間の労働時間が40時間を超えないことや、1日の労働時間が4時間以内に短縮されることを条件に、他の日の労働時間を1日10時間まで延長することができます。このような特例を利用する場合でも、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

高校生がはじめてアルバイトするなら飲食店がおすすめ

シフトが入りやすい、職場へのアクセスも駅近の選択肢も多い飲食店。

接客では学校では学べないマナーやスキルが得られるほか、交友関係もグッと広がるアルバイト。

まずは気になったお店の求人情報をチェックしてみましょう。

鶴亀堂の求人情報はこちらから

 

休日は、毎週1日または月4日以上は取る

労働時間だけでなく、休日の取り方も法律で定められています。高校生がバイトをする際には、毎週1日以上、または月に4日以上の休日を取る必要があります。ここでは、労働基準法で定められた休日の取り方について詳しく説明します。

■休日の取り方も労働基準法で定められている
高校生がアルバイトをする際、毎週1日以上の休日を取ることが労働基準法で定められています。もし週休制を取ることが難しい場合は、4週間のうちに4日以上の休日を取る変形週休制を適用することも可能です。応募前や面接時にバイト先の休日の取り方を確認しておくと良いでしょう。

■高校生がバイトをする際には、週休制の場合は毎週1日以上休みを取る必要がある
高校生がバイトをする際には、週休制の場合は毎週1日以上休みを取る必要があることをおさえておきましょう。毎週1回休みを取る週休制を採用することが難しいバイト先の場合、4週間のうちに4日以上の休みをとる変形週休制で休日を確保することになります。

高校生バイトの平均労働時間は?

高校生がバイトをする際には、他の高校生がどのようなシフトで働いているのか気になるところです。ここでは、高校生のバイトの平均的な勤務日数や勤務時間、シフトの取り方について紹介します。

■勤務日数の平均は週に2~3日
一般的に、高校生のバイトの勤務日数は週に2~3日程度です。平日は学校が終わった後に働き、土日には長めのシフトに入ることが多いです。部活動をしている場合は、土日や祝日に限定して働くこともあります。シフトの希望を伝える際は、他のスタッフとの調整も考慮する必要があります。

■勤務時間は1日平均3時間程度
高校生のバイトの勤務時間は、1日平均して3時間程度が一般的です。平日の放課後や土日の昼間に集中して働くことが多く、無理なく続けられる時間帯を選ぶことが重要です。バイトの疲れが翌日の授業に影響しないよう、働く時間と学業のバランスを考えることが大切です。

■高校生は「無理なく続けられるか」を重視している
高校生がバイトを選ぶ際は、通いやすさやシフトの柔軟性、仕事内容の難易度を重視する傾向があります。初めてのアルバイトでも無理なく続けられる環境を選ぶことが重要です。また、バイト先の雰囲気や他のスタッフとの相性も確認しておくと良いでしょう。

<高校生のバイト選びの重視条件>
 ・家から通いやすい:64.2%
 ・シフトの柔軟性がある:38.5%
 ・時給が高い:37.1%
 ・シフトが少なくてもOK:33.1%
 ・仕事内容が難しくない:29.7%
 ・バイト先の雰囲気が合う:25.1%
※出展:高校生のバイトの平均シフト、週何日、何時間が多い?【経験者調査より】(https://townwork.net/magazine/knowhow/search/baito_search/12674/)

鶴亀堂は学生スタッフも活躍中!シフトは毎月相談で

博多ラーメン鶴亀堂には、高校生・大学生のスタッフも多く在籍しています。

部活やテストへの理解は十分です。急な休みが必要になった時は、

気軽に相談してください!

応募はこちらから

 

高校生がバイト探しで後悔しないポイント

高校生がバイトをする際には、法律だけでなく、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。ここでは、高校生がバイトを成功させるために知っておくべき重要なポイントを詳しく説明します。

■学校のルールを守る
高校生がバイトをする際、まず学校のルールを確認しましょう。多くの学校ではバイトを禁止している場合があります。もし学校がバイトを禁止している場合、学校に隠してバイトをすることは避けましょう。発覚すると停学や退学などの処分を受ける可能性があるため、必ず校則を確認し、必要な手続きを行いましょう。校則で禁止されていない場合でも、学校に許可を取ることが必要な場合もあるので確認しておきましょう。

■バイト先の選び方に注意する
高校生が働けない仕事もあります。労働基準法や風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)、警備業法などにより、18歳未満が従事できない仕事が定められています。例えば、危険を伴う作業や酒類を提供する仕事、警備業務などです。バイトを探す際は、これらの法律に違反しないよう注意が必要です。また、勤務先の環境や仕事内容が自分に合っているかも考慮しましょう。

■保護者の同意を得る
未成年の高校生がバイトをする際には、保護者の同意書が必要な場合があります。バイト先との労働契約を結ぶ際に、保護者の同意を得ておくことで、トラブルが発生した際にも適切に対応できるようになります。バイトを始める前に保護者に相談し、同意書を準備しておきましょう。保護者の同意がないと採用されないこともあるため、事前に話し合っておくことが重要です。

■稼ぎすぎに注意する
高校生でも、バイトで一定以上の収入を得ると税金や社会保険料が発生します。年収が103万円を超えると、自分で税金を納める必要があり、親や保護者の扶養から外れる可能性があります。また、年収が130万円を超えると社会保険の加入義務が発生し、国民健康保険料などの支払いが必要になります。年間収入が103万円以内になるように調整することをおすすめします。稼ぎすぎると手取りが減ってしまうこともあるので、バイトをする際には収入の管理も重要です。

■地域の条例を確認する
各都道府県には、青少年保護育成条例があります。これは18歳未満の青少年を保護し、健全に育成するための法律です。例えば、東京都では23時以降の外出が禁止されているため、バイトの帰り道でも違反になる可能性があります。住んでいる地域の条例を確認し、違反しないように注意しましょう。地域ごとに異なる規制があるため、事前に調べておくと安心です。

中学生は原則としてアルバイトができない

中学生は、高校生とは異なり、原則としてアルバイトができないことが法律で定められています。ここでは、中学生がアルバイトをすることができない理由や例外的に認められる場合について説明します。

■労働基準法では労働者の最低年齢を定めている
労働基準法では、15歳未満の中学生は原則としてアルバイトができないと定められています。これは、児童の健全な成長を守るための措置であり、学校生活や学業に専念することを目的としています。

■例外的にアルバイトが認められるものもある
労働基準監督署長の許可を受けることで例外的にアルバイトが認められるものもあります。ただし、労働基準監督署長の許可を受けることで、新聞配達や牛乳配達、映画演劇業など特定の職種に限り、中学生でもアルバイトが認められることがあります。これらの例外的な場合でも、労働時間や仕事内容に厳しい制限が設けられており、安全性が確保されています。

高校生にはラーメンバイトがおすすめ

高校生が初めてバイトを選ぶ際には、ラーメン店でのバイトがおすすめです。ここでは、ラーメン店でのバイトが高校生にとって理想的な理由とその魅力について紹介します。

■通いやすさとシフトの柔軟性
ラーメン店は全国各地に多く存在し、自宅から通いやすい場所にあることが多いです。また、シフトの柔軟性が高く、学業や部活動との両立がしやすい環境が整っています。学校が終わった後や週末など、自分の都合に合わせて働けるので、無理なく続けられます。

■仕事内容のシンプルさと達成感
ラーメン店でのバイトは、基本的な接客や調理補助、清掃などが主な業務となります。初めてのアルバイトでも比較的簡単に覚えられる仕事内容であり、仕事を通じて達成感を得やすいです。また、接客を通じてコミュニケーション能力やお客様対応のスキルが自然と身につきます。

■職場の雰囲気とチームワーク
ラーメン店はアットホームな雰囲気の職場が多く、スタッフ同士の仲も良い場合が多いです。高校生にとっては、働きやすい環境でチームワークを学ぶことができます。職場での人間関係が良好だと、バイトを続けるモチベーションにもつながります。

■まかないが魅力的
ラーメン店で働くと、まかないとしてラーメンを無料で提供してくれる店舗が多いです。食費の節約になるだけでなく、おいしいラーメンを楽しめるというメリットもあります。食べ盛りの高校生にとっては、大きな魅力のひとつです。

愛知県でアルバイトするなら、鶴亀堂に応募してみよう!

鶴亀堂では、おいしい博多ラーメンと落ち着ける空間を提供しています。

お店では初めてアルバイトする学生や掛け持ちで働く人。子育てと両立する主婦の方など色んな人が活躍しています。

興味があればチャレンジしてみてください!
スタッフ一同、お待ちしております。

応募はこちらから