高校生のバイト事情! 多くの人が選ぶのは「これ」! 驚きの割合も公開

culture

高校生にとってアルバイトは、初めての社会経験となり、多くのスキルや知識を身につける貴重な機会です。しかし、どのバイトを選べば良いのか、迷うことも多いでしょう。そんなときに参考になるのが、他の高校生のバイト事情です。
本記事では、最新のアンケート調査結果をもとに、高校生のバイト事情を詳しく解説します。具体的な数字や割合を交えながら、多くの人が選んでいるバイトの実態に迫ります。あなたのバイト選びに役立つ情報が満載です!

バイト経験がある高校生の割合は?

まずは、高校生のバイト経験について見てみましょう。最新のアンケート調査によると、高校生のうち現在アルバイトをしている人の割合は23.8%、過去にアルバイト経験がある人の割合は15.3%です。これを合わせると、約40%の高校生が何らかの形でバイト経験を持っていることが分かります。

■バイト未経験者の理由
一方で、全くバイト経験がない高校生の割合は61.0%に上ります。この結果から、多くの高校生がバイトを経験していないことが分かります。バイトをしていない理由として、「学業との両立が難しい」「親の許可が得られない」「興味のあるバイトが見つからない」などがあります。

高校生がバイトをする主な目的は?

■貯金のためにバイトしている割合
高校生がバイトをする主な理由として、「「貯金をするため」が最も多く、58.4%の高校生がこの目的でバイトをしています。将来のための資金を蓄えることが、バイトを始める大きな動機となっているようです

■趣味のためにバイトしている割合
「趣味のため」にバイトをしている高校生も58.3%と非常に多いです。趣味に使うお金を自分で稼ぐことで、より趣味を充実させたいと考えているのでしょう。

■社会経験を積むためにバイトしている割合
「社会経験を積むため」にバイトをしている高校生は36.0%です。社会に出る前に、実際の仕事を通じて様々なスキルを身につけたいと考えている人が多いことが分かります。

バイト選びで就職活動は意識している?

高校生の29.7%が就職活動を意識してアルバイトをしています。彼らがバイトをする上で意識していることとしては、「正しい言葉遣いができるようになる」や「将来の仕事や職業に役立つような経験をする」といった項目が上位に挙がっています

人気のバイト職種は?

■一番人気は「飲食店」
2023年の調査によると、現在アルバイトをしている高校生の職種で最も多いのは「飲食・フード(接客・調理)」で52.0%を占めています。特に、高校1年生の約6割がこの職種で働いており、男性よりも女性の方が従事している割合が高いです。

■その他の人気職種
次いで「販売(コンビニエンスストア・スーパーマーケット)」が20.0%、続いて「飲食・フード(販売)」が6.4%、そして「軽作業」が4.1%となっています。これらの結果から、高校生に人気の職種は飲食店が圧倒的であることが分かります​。

友達と一緒にバイトをしている人の割合は?

アンケート調査では、高校生の約35.5%が友達と一緒にバイトをしていると回答しています。友達と一緒に働くことで、楽しく働けるだけでなく、シフト調整もしやすくなるため、安心感が増すといったメリットがあります

バイト選びの決め手になったのは?

■不安に思っている点
学業と両立できるか:60.4%の高校生が、この点に不安を感じています。学業を疎かにせずにバイトを続けられるかどうかが重要なポイントです。
職場の人間関係:50.4%の高校生が、職場の人間関係に不安を抱いています。良好な人間関係が働きやすさに直結するため、気になる点です。
シフトの融通がきくか:49.3%の高校生が、シフトの調整がしやすいかどうかを不安に思っています。テスト期間や部活の予定に合わせてシフトを変更できるかどうかは重要な要素です。

■必須条件
高校生歓迎の職場か:求人に「高校生歓迎」と記載されているバイトは、高校生が働きやすい環境が整えられていることが多く、シフトや学業への配慮もあります。
自宅から近い場所か:夜遅くの帰宅は保護者が心配するため、できるだけ自宅から近い場所を選ぶことが重要です。
仕事内容が適しているか:仕事内容がシンプルで覚えやすく、自分に適した仕事であるかどうかも必須条件です。実際にお店を訪れて雰囲気を確認することも有効です。

どんな理由でバイトを辞めた?

調査によると、高校生がバイトを辞める理由は以下のようになっています。
・学業との両立が難しい:45.0%
・人間関係のトラブル:25.0%
・バイトの仕事内容が合わなかった:20.0%
・体力的にきつかった:10.0%

仕事内容に関しては、バイト選びの必須項目になっていても、いざ始めてみると「思っていたのと違う」という人が一定数います。

バイトの収入を家に入れている割合は?

調査結果によると、高校生の17.8%がバイトの収入を家計の補助に使っていることがわかりました。家庭の事情や経済的な理由で働く高校生も多く、バイト収入が重要な役割を果たしていることがあります。

引用元:マイナビ 高校生のアルバイト調査(2023年)

高校生にオススメしたい『ラーメン店』アルバイト

高校生で初バイトに人にも、飲食・接客が未経験の人も大歓迎のラーメン店アルバイト。
はじめてだと不安な人がほとんどだと思いますが、そんな不安も実際に勤務することで、ひとつひとつ解消されていきます。

まずは体験してみて、ラーメン店ならではの楽しさを見つけていきましょう。

興味がある人はぜひ一度、鶴亀堂へご応募ください!!

応募はこちらから